バイアグラのジェネリックは通販で購入 TOP » バイアグラの効果

バイアグラとは

バイアグラとは

バイアグラはED治療薬としては一番歴史と知名度を誇る薬です。

その効果の強さから今だ人気の衰えない、根強いファンが多いと言われています。

1990年代初頭、イギリスにある製薬メーカー「ファイザー」の研究機関で主成分のシルデナフィルが研究開発されていました。しかし最初の目的はEDの治療薬ではなく、狭心症の治療薬でした。狭心症の試験薬が被験者から戻ってこないので効いてみると、EDに対して効果があることが判明します。それからED治療薬として研究が進められ1998年にバイアグラが誕生しました。発売されるやいなや、世界のマスコミやメディアで紹介され瞬く間に世間に知られる事となりました。しかしまだ国内では認可されていない為、個人輸入により入手した人の事故が多発しました。その翌年晴れて日本でも製造され医療機関で販売されるようになり、今に至ります。

それぞれバイアグラの特徴について解説していきます。

バイアグラの効果

バイアグラの効果

バイアグラはED(勃起機能障害)の症状を改善させる働きのある薬です。勃起する場合、体のメカニズムが正常に働く事で起こる生理現象です。EDとは勃起する時に必要な血流が不足する症状の事です。

男性器を触られたり、性的刺激を5感で感じた際に脳から神経を通して陰茎に信号(一炭化窒素)を送ります。するとある物質が放出され陰茎の血管が緩み、収縮状態の陰茎の海綿体に多くの血液が流れ込むようになり膨張します。陰茎は白膜と呼ばれる強い繊維質があり、海綿体の膨張をある程度で止めます。すると陰茎内の内圧が高まり、圧力の為血液が留まることで勃起した状態になります。

ある物質とは「サイクリックGMP」のことで、この酵素の働きによるものです。その後射精などにより勃起は終わりますが、これは「PDE-5」という酵素がサイクリックGMPを分解するためです。分解されると血管を緩めていた効果がなくなり、血液を留めておくことが出来なくなります。EDの症状になるとPDE-5が早い段階で出てくる事により、勃起が続かなくなります。

バイアグラの主成分であるシルデナフィルはこのPDE-5の働きを阻害する働きにより、勃起を持続させる効果があります。

バイアグラの勃起力は他のED治療薬に比べ一番強く、ここぞという時に効果を発揮してくれる信頼が出来る薬です。これが人気の要因となっています。

バイアグラはあくまでも勃起をサポートする薬であって、精力剤のように性欲を高めたり、強引に勃起をさせる薬ではありません。バイアグラを服用しても性的刺激を受けなければ、勃起をすることはありませんのでご安心下さい。ただ服用後は勃起しやすい状態になっていますので、外出する際にはご注意下さい。

バイアグラの服用方法

バイアグラの服用方法

服用の際にバイアグラをより効果的に使用するためには、いくつか注意が必要になります。

空腹時に服用してください。バイアグラは食事との相性が悪く、脂分を含んだ食べ物などが消化管にある場合、薬の成分を効率よく吸収する事が出来ません。服用の2時間から何も胃に入れないのがよいでしょう。

バイアグラを服用後30分経った後であれば、成分は身体に十分吸収されますので食事しても影響ありません。ただしアルコールは控える方が良いでしょう。バイアグラの血管拡張作用がさらに増す事になり、酔いが回りやすくなります。

服用するタイミングとしては性交をする1時間前を推奨します。十分に成分が吸収され効果のピークになるのがおよそ1時間と言われています。

お風呂に入ったり、シャワーを浴びるのも効果的で血行が促進されるとバイアグラの効き始める時間が早くなることがあります。

バイアグラは水かぬるま湯で服用して下さい。次に服用するまでは必ず24時間空けてからにしてください。

バイアグラは25mg、50mg、100mgの用量があります。ただし始めて服用するという方は25mgのタイプからスタートしましょう。効果の具合を見て徐々に用量を上げて下さい。

50mgや100mgの錠剤を購入した場合はピルカッターでカットして服用することも出来ます。少ない用量で問題が無い方はこちらの方法も是非お試し下さい。

バイアグラは形状も様々で錠剤から水を必要としないチュアブルタイプ(ゼリー)、ODフィルム、水に溶かして飲む発泡剤タイプなどがあります。それぞれ自分に合ったタイプを服用しましょう。

バイアグラは注意点と用量を守って服用すれば安心して使用できる薬ですので、十分注意してご使用下さい。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用

バイアグラは服用したほとんどの方が副作用の出現を感じると言われています。つまり副作用の出やすいタイプの薬です。しかし一時的なものなので、時間とともに症状は消えますのであまり深刻に考えることはありません。

服用した方が比較的多く感じる症状としては

・顔がのほてり
・目の充血
・頭痛
・動悸
・鼻づまり
などです。

そのほとんどが血管拡張作用によるものです。主成分のシルデナフィルは非常に水に溶けやすい特徴があります。水に溶けやすいので、服用後すぐに消化管から体内に吸収され効果が現れます。この時血液により全身に効果が巡るため、陰茎以外にも血管が拡張する働きが見られるのが理由です。

副作用として頻度は低いですが、「目に見えるものが青みがかって見える」、「青と緑が同じように見える」、「きらきらと輝いて見える」などの視覚異常が見られる場合があります。こちらも一過性の症状なのであまり気にすることはありませんが、車やバイクの運転で支障がある場合は注意して使用して下さい。

服用後痛みを伴う勃起が4時間以上続く場合は病院で検査してもらいましょう。そのままの状態が続くと陰茎の細胞組織に損傷が出たり、勃起が出来なくなる可能性があります。

バイアグラの服用方法

バイアグラの服用方法

服用の際にバイアグラをより効果的に使用するためには、いくつか注意が必要になります。

空腹時に服用してください。バイアグラは食事との相性が悪く、脂分を含んだ食べ物などが消化管にある場合、薬の成分を効率よく吸収する事が出来ません。服用の2時間から何も胃に入れないのがよいでしょう。

バイアグラを服用後30分経った後であれば、成分は身体に十分吸収されますので食事しても影響ありません。ただしアルコールは控える方が良いでしょう。バイアグラの血管拡張作用がさらに増す事になり、酔いが回りやすくなります。

服用するタイミングとしては性交をする1時間前を推奨します。十分に成分が吸収され効果のピークになるのがおよそ1時間と言われています。

お風呂に入ったり、シャワーを浴びるのも効果的で血行が促進されるとバイアグラの効き始める時間が早くなることがあります。

バイアグラは水かぬるま湯で服用して下さい。次に服用するまでは必ず24時間空けてからにしてください。

バイアグラは25mg、50mg、100mgの用量があります。ただし始めて服用するという方は25mgのタイプからスタートしましょう。効果の具合を見て徐々に用量を上げて下さい。

50mgや100mgの錠剤を購入した場合はピルカッターでカットして服用することも出来ます。少ない用量で問題が無い方はこちらの方法も是非お試し下さい。

バイアグラは形状も様々で錠剤から水を必要としないチュアブルタイプ(ゼリー)、ODフィルム、水に溶かして飲む発泡剤タイプなどがあります。それぞれ自分に合ったタイプを服用しましょう。

バイアグラは注意点と用量を守って服用すれば安心して使用できる薬ですので、十分注意してご使用下さい。

バイアグラ服用時の注意点

バイアグラに限らずですが、薬の成分には相性というものがあります。相性の悪いものと服用すると相互作用という身体にとって悪影響になる場合があります。持病の為に服用している薬でバイアグラと相性の悪い薬があるので十分にご注意してください。

薬以外にも併用すると危険な症状のある方、食べたら悪影響のある食べ物などもありますので合わせてご確認下さい。

併用禁忌薬

一般的に併用禁忌とされるタイプとして、同じ効果のある薬があります。同じ作用のある薬を2種類以上飲むと、過剰摂取(オーバードーズ)の状態になり、効果が効きすぎるために起こる不具合が出るので注意が必要となります。

バイアグラの場合は血管拡張効果のある硝酸剤・一酸化窒素供与剤です。主にニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、塩酸アミオダロン、sGC刺激剤などです。

こちらは狭心症や高血圧の症状に使用されるもので、2種類の薬を服用すると、血管拡張作用が強くなり過ぎ、重度の低血圧症になることがあります。

これら併用禁忌薬を使用している方はバイアグラの使用はできないのでご注意下さい。どうしても使いたいという方は医師にご相談して下さい。

併用注意

併用に注意が必要な症状は

・心血管系(不整脈、心臓弁膜症など)の障害がある方
・重度の肝臓・腎臓に機能障害のある方
・低血圧・高血圧の方
・脳梗塞・脳出血を6ヶ月以内に発症した方
・心筋梗塞を6ヶ月以内に発症した方
・白血病や多発性骨髄腫の方
・多系統萎縮症(脳神経障害の一種)

以上に心当たりのある方はバイアグラを服用すると体に悪影響を及ぼす場合があります。

これらは直接バイアグラが悪いというわけではなく、服用後の性行為において無理をしてしまい、心臓に負担がかかるので注意が必要です。

肝臓、腎臓の場合は薬の代謝を行う臓器の為、代謝が出来ないと副作用が身体に残った状態になる事があります。

これに関連してグレープフルーツの果肉やジュースにも注意が必要です。

グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分は体内の代謝酵素の働きを抑制させる効果があります。代謝酵素が抑制されると、薬の成分が分解され代謝するまで時間がかかる、薬の効果(副作用)が強く出てしまう事があります。