バイアグラのジェネリックは通販で購入 TOP » バイアグラジェネリックの購入方法について

バイアグラジェネリックの購入方法について

バイアグラジェネリックの購入方法について

バイアグラジェネリックは普通の薬局で購入出来ないので、病院に行くしかないと思っている方、意外と多いのではないでしょうか。

バイアグラジェネリックの購入方法は2種類あります。1つは病院などの医療機関で処方してもらい購入する方法です。もう一つが、個人輸入代行サービスを利用した通販サイトで購入する方法です。

こちらではバイアグラジェネリックの購入方法について、病院と通販での購入の比較、医薬品の通販にまつわる情報などをまとめています。

病院での処方

病院での処方

病院で処方してもらう場合、内科や泌尿器科で処方してもらいます。その他EDを扱う男性専用のクリニックや美容整形のクリニックなどでも取り扱っています。

病院での処方であれば、医師の診察や相談の上、正規のバイアグラや国内で製造するバイアグラジェネリックを処方してもらえます。用量や用法についても説明があるので、安心して薬を使用する事が出来ます。バイアグラが必要と思ったら病院に行けばその日に購入することが出来ます。

便利で安心な部分もありますが、通院の際に病院が遠い場合は、別途で交通費もかかりますし、処方で購入する場合は値段が高くなります。

成分シルデナフィル50mg一錠の場合
バイアグラ 1500円程度
バイアグラジェネリック 900円程度

となります。

病院の場合は診察料がかかるため、2000円から5000円、高いところでは10000円する事もあります。専門のクリニックなどでは、診察料が無い所もありますが処方される薬の価格が高くなる場合があります。

EDの治療は「自由治療」といい、生命活動に直接関係ない病気なので保険が適用されません。なので、一度の通院でバイアグラジェネリックを4錠処方された場合、診察料+薬代で6千円から9千円ほどかかってしまいます。

海外からの通販

海外からの通販

もう一つのバイアグラジェネリックの購入方法は通販サイトから海外の医薬品を購入する方法です。通販サイトのほとんどが、海外で販売されている医薬品やサプリを取り扱っており、個人輸入代行のサービスを行っています。

個人輸入代行とは、本来個人が使用する目的で、海外から商品を購入することを個人輸入と言いますが、その個人輸入の手続きを代行してくれるサービスの事を指します。個人輸入代行はあくまでも、ユーザーが海外から商品を購入する手伝いをするだけのサービスです。

医薬品に関して言えば、国内であれば医師の処方箋が必要になる医薬品を通販業者から購入する感覚で購入出来ます。

あと一番の魅力はその値段の安さです。病院で薬を処方される習慣のない海外では、スーパーやドラッグストアなどで自分で薬を購入して治療するのがスタンダードです。日本の薬局で購入出来る薬は一般用医薬品なので、効き目には大きく差があります。

これは便利な反面、全て使用に関しては自己責任となるので注意が必要です。日本では医師が処方箋を出しますが、これは薬の使用に関しての責任は医師であるという書類です。薬を飲んで問題がある場合は医師に責任がある事になります。個人輸入の場合、処方箋が無いのは海外で発売している薬を自分で選び購入しているので処方箋がないのです。

個人輸入代行業者は商品購入のサポートなので、薬の使用に関しての責任は購入者になります。通販サイトからの薬の購入にはメリットとデメリットがそれぞれありますので、十分に理解して利用するようにしましょう。

通販のメリット・デメリット

通販のメリット・デメリット

個人輸入代行サービスを利用して通販をする場合のメリットは以下のようなものがあります。

一番のメリットは値段が非常に安い事につきます。

成分シルデナフィル50mg配合で1錠の場合
バイアグラ(海外発売版)1215円~
バイアグラジェネリック 360円~450円ほど

毎日服用する薬ではありませんが、コストを考えると負担を大分抑える事ができます。

薬を通販で購入すれば、自宅など指定した場所に配送してくれます。病院で処方される場合は院内か指定の処方薬局で購入することになります。どうしても昼間の通院が大変という方や、病院まで距離がある、家から出れないという方には、通販で商品を配送してもらうのは非常に便利です。

今はインターネットが普及した事で、便利で簡単にはなりましたが、個人輸入の際は相手とメールなどでコンタクトを取るため、英語もしくは相手側の自国語が必要となります。何らかのトラブルがあった場合、解決のために交渉も自分でしなければいけません。海外からの購入の場合、偽物や粗悪品の被害も多く、どんなに英語や他の外国語が得意だとしても信用ができない業者からの購入は高いリスクになります。

しかし個人輸入代行であれば代わりに対処してもらえます。ほとんどの通販サイトは日本語で対応が出来ますので、偽物や粗悪品の危険性はありません。

もちろん個人輸入にはデメリットもあります。

配送してくれますが、海外からの配送になるため商品の到着は1週間から10日前後かかります。どうしても使いたい日がある場合は2週間ほど前から注文しておく必要があります。

自分で購入して使用するので、誰かに飲むように指示されたわけではなく、全て自己責任のもと使用する事になります。薬の効果や副作用、他の薬の飲み合わせなど十分に理解する必要があります。

バイアグラジェネリックの個人輸入

バイアグラジェネリックの個人輸入

バイアグラジェネリックなどのED治療薬は、自分のコンプレックスを解消すためや、より充実した幸せな生活を送りたいとお考えの方に必要な薬です。他にもAGA治療薬やダイエットサプリなども同じ理由で購入する方も多いと思います。個人輸入の利用はそういった方におススメです。

個人輸入を利用すれば、通院や病院での処方も必要もなく、プライバシーも守れ、時間や手間、余計な気苦労もいりません。薬代の負担も軽減できます。

しかし便利な反面いくつか注意が必要になります。

購入時に処方箋が無いので、薬にどんな特徴があり副作用があるのか、併用禁忌薬は何があるのかなど、自分で事前に調べる必要があります。まずは病院で相談し自分の症状と合う薬を確かめてから個人輸入を利用するのがベストです。

購入する際の注意として、必ず使用者本人の名義で行って下さい。個人輸入は購入した本人の使用が前提で許可されています。家族や恋人だからと、バイアグラジェネリックを女性名義で購入してはいけません。

他にも気を付けなければいけない事がありますので、注意し便利に個人輸入を活用して下さい。

個人輸入は違法?

個人輸入は違法?

医薬品の個人輸入は違法ではなく、薬事法で認められています。これは海外で生活していた方が日本に戻ってきた際に、海外で普段から使っていた薬が無い場合不自由を感じてしまいます。そんな事がないように、海外で使用していた薬を使えるようにと配備されています。

その為、国内で認可されているものから未認可のものまで、海外で一般的に販売されているものはほぼ購入することが可能です。

ただし購入には制限があります。それは、「個人の使用」と「限られた量」です。

原則として個人輸入で購入した薬は、購入者本人の使用に限られています。関税で止まってしまう事にもつながるので、別名義や会社名、ニックネームなどで注文するのはやめましょう。

あくまで個人の使用にはなりますが、あまり量が多いと個人輸入ではなく小口輸入の扱いされてしまいます。

一度に購入が可能なのは、

・国内で処方箋が必要な薬 一ヶ月分以内
・一般医薬品や医薬部外品 二か月分以内

海外の薬はドラッグストアで薬を買うように、箱単位が基本です。日本の処方箋のように1錠単位ではありません。誤って複数買ってしまわないように、一つの箱に何錠入っているか購入前に確認しましょう。

ED治療薬は危険な薬?

ED治療薬は危険な薬?

ED治療薬のバイアグラが世の中に出始めの頃、服用した方が死亡した事故等あったためこのように語られる事がありました。結論から言うと、ED治療薬は危険な薬ではありません。

当時海外で話題になっていたバイアグラは日本でもメディアでも取り上げられ、ブームになるほどでした。最初は日本で未認可の為、薬の作用機序など大事な情報はあまり浸透していない時期、個人輸入で購入したバイアグラを使用し心臓発作で亡くなる事故が起きました。

これは持病の為、バイアグラの併用禁忌の薬を飲んでいたからだと言われています。もし使い方が分かっていれば起きない事故です。

自分に合った用量と用法、アルコールや食事のタイミングや量、併用禁忌薬など、いろいろありますが、これらをしっかり守って服用すれば特に危険性はありません。

間違った使用するのが危険です。

バイアグラの偽物

バイアグラの偽物

バイアグラは世界中で使用されている有名なED治療薬です。そのため偽物が多いと言われています。メーカーであるファイザー社の発表によると、ネット上で販売されているED治療薬のおよそ4割が偽物だそうです。中にはほぼ見分けのつかないスーパーコピーも存在しているようです。

偽物にもいくつかの種類があり前述したスーパーコピーです。内容はバイアグラのジェネリックなのですが、パッケージ、錠剤の形、値段がオリジナル同様なので売られていてもほとんど見分けがつきません。バイアグラジェネリックは安価ではありますが、知名度はバイアグラと比べるとかなり落ちてしまうので、ジェネリックではなく「バイアグラ」と銘打って売るもののようです。

日本に多く流入しているタイの販売サイトのものは、全てではありませんが、かなりの割合で偽物が多いそうです。成分が全く入っていないものや、EDに関係ない成分が入っているものなど、飲むと危険なものもあります。製造している環境が衛生的ではなく、コーティング剤が工業用の着色剤が使用されていた例もあります。工場で別の薬も製造している場合があり、別の成分が入っていることもあるそうです。

信頼できるサイトを見分ける方法

信頼できるサイトを見分ける方法

海外の医薬品を取り扱う通販サイトは数多く見かけます。しかし中にはちょっと購入をためらう、信頼できないサイトや、中には偽物の薬や不衛生な環境で製造された粗悪品のような薬を送ってくる業者もいます。

サイトでの購入なので、購入し手元に届くまでは細部を確認はできません。このような業者では購入したくないものです。

そこで失敗しないサイトの選び方です。

・値段が安い
まず注目してもらいたいのが値段です。ジェネリックはもともと安いものもありますが、先発薬のバイアグラとして売られているもので、他と比べ大分安いものは注意した方がいいでしょう。「今だけ半額セール」などと売っているのは、注意して下さい。

・サイトを長く運営している
長い期間サイトを運営しているということは、利用者も多く摘発されていない事になります。口コミなどがで利用者が多いのも確認して下さい。

・サイトの対応を見る
基本的にしっかりした商売をしようとしているサイトは対応が丁寧で迅速です。一度連絡してメールでも電話でもしっかりした対応できるのであれば問題ないでしょう。気になる場合は一度連絡を取ってみましょう。

・保証がある
海外からの荷物の場合、トラブルは少なくありません。発送業者や関税で起こることがほとんどですが、荷物が届くまでのサポートや保証をする通販サイトがあります。荷物の追跡サービスなど保証やサービスのあるサイトを利用しましょう。