バイアグラのジェネリックは通販で購入 TOP » EDの原因と改善方法

EDの原因と改善方法

EDの原因と改善方法

EDを和訳すると「勃起機能障害」となります。加齢による身体機能の衰えによりEDになる方は多いと思います。しかし、今は20代~30代でもEDの症状になる場合があり、原因は年齢だけではないようです。過剰なストレスなどの精神的要因や、飲酒、喫煙、不規則でバランスの偏った食事などの生活習慣の乱れからくる要因などがEDに関係しています。さらに高血圧症や糖尿病、動脈硬化などの病気とEDの併発が多く見られます。逆を言えば、EDの症状がみられる人には血管の障害に関わる病気や様々な生活習慣病予備軍かも知れません。場合によってはEDの早期治療によって大きな病気を防ぐことにもつながります。

現代では以外に身近な病気となったEDですが、原因が把握できればその改善もしやすいものです。EDになった場合でもED治療薬は病院で処方される以外にも、パソコンやスマホで簡単に購入することが出来ます。どちらの方法でも改善に向かう事が出来る選択肢があるので、より良い方法を利用しましょう。

勃起のメカニズム

勃起のメカニズム

EDは勃起機能に不具合が起こることですが、勃起するメカニズムとはどのようなものなのでしょう?

勃起するには男性ならすぐ解ると思いますが、とにかく性的な刺激な必要です。視覚や聴覚、触覚で性的な刺激を受けると脳が反応し、テストステロンやドーパミンなどのホルモンが分泌され性欲が生まれます。その反応が脊髄神経から陰茎に伝わります。

この時、ホルモンの分泌に反応し神経や血管の細胞から「一炭化窒素」が分泌されます。これが勃起する合図です。

一酸化窒素の分泌を受け、筋肉や血管に「サイリックGMP」という物質が放出されます。この物質には血管拡張作用があり、陰茎の筋肉や血管を緩ませ勃起に必要な血流を促します。

陰茎は普段軟らかい状態ですが、性的興奮で勃起すると硬くなります。これは陰茎に無数の毛細血管でできている海綿体があり、そこに大量の血液が流れ込む事により大きく膨らみます。ただ海綿体が大きくなっただけでは、スポンジと同じで軟らかいままです。陰茎の海綿体の周りには白膜と呼ばれる繊維質の膜があり、海綿体が膨らむのを白膜が押さえます。これにより陰茎がパンパンに固くなります。この時、海綿体の静脈は圧迫され、心臓に戻る事が出来ず留まり勃起した状態になります。

勃起は萎えるもの

勃起は萎えるもの

勃起に維持に必要なサイリックGMPですが、酵素に分解されやすい特徴があり、分解されると血管が元の状態に戻ります。この酵素が「PDE-5」です。PDE-5は特に射精後に多くなり、勃起が治まります。

実は必要な酵素ですが、早めに出て来られたり最初から居られると勃起にとっては迷惑なものです。シルデナフィルはこのPDE-5が働かない状態にし、勃起しやすくする効果があります。

EDになる原因

EDになる原因

EDになるのは勃起のメカニズムのどこかの部分が正常に機能していない状態です。

① 脳が性的刺激を受ける

② 性欲が増す(テストステロンやドーパミンが分泌)

③ 脊髄神経を通り、脳から性的刺激を陰茎に伝達

④ 一酸化窒素が分泌され、サイリックGMPが増え血管が拡張する

⑤ 陰茎の海綿体に血液が流れ込み、勃起

⑥ PDE-5がサイリックGMPを分解し始める

⑦ 勃起が治まる

肥満・糖尿病・高血圧

肥満・糖尿病・高血圧

運動不足や食生活の乱れが長年続くとメタボリックシンドローム(内臓脂肪肥満)になります。これまでは人の個性の1つとして認識されていましたが、今は重大な疾病を招く症状として捉えられるようになりました。テレビでグルメレポートをしているタレントが、病的な太り方をしていたらちょっと心配になってしまいますよね。

肥満は男性ホルモンのテストステロンを低下させます。それにより一酸化窒素の分泌がしにくくなる事でEDの症状が現れます。

万病のもとである肥満が招く病気のひとつに糖尿病があります。糖尿病は怖い病気で様々な合併症を起こします。その中の神経障害がEDの原因とされます。

尿は元々血液なので、糖尿の状態とは血液の中の糖分が高いという事です。血液中の糖分が高いと神経を形成している繊維組織が減っていきます。そうなると、神経に酸素が送られなくなり、神経障害を起こします。その為、神経伝達がうまく行われず勃起がしにくくなります。

高血圧の方もEDになるリスクは高くなります。高血圧は塩分過多、生活習慣の乱れ、加齢、遺伝など様々な理由が原因で起こる症状です。高血圧では動脈硬化になる恐れがあり、動脈硬化が陰茎の血管に及ぶと血流の悪化に繋がり結EDになります。さらに高血圧の方が飲む降圧剤の副作用としてEDになる可能性があります。

ストレス・うつ病

ストレス・うつ病

世代に関係なくEDの原因になるのが、ストレスやうつ病などの精神疾患です。これは「心因性ED」と呼ばれ、体が精神的なストレスやダメージを受ける事で、神経伝達に支障が起こり勃起するために必要なメカニズムがうまく働かなくなることです。

仕事で受けるさまざまストレスや、立場が変わる事で責任が重くなる、妻から子づくりを強要されるプレッシャー、お金の心配、幼少期の体験やトラウマ、コンプレックスなど心のダメージを強く受けると、男性ホルモンが減少しEDに繋がることがあるようです。このタイプのEDは朝立ちやマスターベーションはできるが、性行為になるとダメという特徴があります。

さらに心の疾患である「うつ病」もEDと関連があります。うつ病になると脳神経の働きが悪くなり、情報伝達がうまくできなくなります。その為、性的刺激を受けても脳が陰茎に勃起の号令をかけられなくなりEDになるようです。加えて、うつ病などの精神疾患の治療薬にはEDの副作用が見られるものがあり、性的な興奮時に分泌されるドーパミンの働きを抑制する効果があります。

ちなみに抗うつ剤とED治療薬は禁忌薬ではない為、併用することは可能です。あまり重度のうつ症状の方以外であれば、ED治療薬の使用は十分な効果を発揮する事が出来ます。

神経障害

神経障害

前述した糖尿病やうつ病などはEDの症状に関係する神経障害を併発しますが、他に脳に関わる病気(脳腫瘍・脳出血など)やアルツハイマー病、パーキンソン病などの病気も、自律神経に障害を起こしEDになる原因とされます。

これらの病気になると全身に張り巡らされている神経同士の情報伝達が困難となり、脳が受けた性的刺激がうまく陰茎に伝わらなくなり、勃起が起こらなくなります。

このEDの原因はこれまではあまり世に知られていない事でしたが、最近になり勃起のメカニズムが解明される事で分かってきたことのようです。

今ではEDに対しての理解も進んだことにより、リハビリの一環として勃起に関する相談を受ける病院も増えているようです。これもバイアグラなど効果のあるED治療薬が開発されたことで解消された悩みです。

手術や外傷、その他の病気

手術や外傷、その他の病気

前立腺や膀胱、内臓の摘出手術をする場合、陰茎付近の血管や神経を傷つけてしまう恐れがあります。特にこれまでの癌の手術の場合、再発の可能性が高いという理由から、転移しそうな部分も予め多めにカットする傾向がありました。

外部損傷でEDの原因の多いものに、交通事故などによる脊椎や骨盤の損傷があります。大きく神経が傷つけられる事で体の反射神経に障害が出たり、感覚が麻痺する症状が出ます。勃起に関わる神経に近い部分だと影響を受ける事になるので、EDの原因になります。

ホルモンの分泌に影響のある腎不全の透析治療、神経を圧迫する椎間板ヘルニア、前立腺肥大症や前立腺炎などの泌尿器科系の病気、EDの副作用がある薬(AGA治療薬など)を継続的に服用している

EDの改善方法

EDの改善方法

病気は種類を問わず、原因が判明しているものは対処が出来るものです。それはEDに関しても当てはまります。神経の障害であればED治療薬の使用、肥満や高血圧が原因の場合は生活習慣の改善、ストレスやトラウマの場合は心身の休養と負荷を取るためのカウンセリングなど、それぞれの原因に合った改善方法があります。

EDは現在生活習慣病の1つと捉えられています。しかし早い段階で取り組めば改善が見込める病気です。

ED治療薬の使用

ED治療薬の使用

ED治療ではバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬の使用が最も多い治療法です。病院で治療する場合の第一選択となっています。

それぞれの薬は成分や効果が違うため優劣はありません。軽度や重度などED 症状の度合いや自信の体の大きさや体質に合ったものを使用するのが最適です。例として軽度な方はシアリスや用量の少ないバイアグラの使用が効果的です。

生活習慣

生活習慣

栄養の偏り、糖分・脂質の多い食事、食べる時間が不規則な方は肥満や高血圧、糖尿病になるリスクが高くなり、EDも併発しやすくなります。

調理に油を多く使用する揚げ物、牛や豚などの肉類、糖類や炭水化物の多いスナック菓子や即席めん、脂こってり系のラーメン、炭水化物中心の食事などカロリーの高い食べ物を日常的に食べている方は特に注意が必要です。

一般的な成人男性は30歳を境に代謝が低下していきます。一日あたり3000カロリーをオーバーする食事は控え、バランスの取れたメニューを心掛けてください。

普段生活する中で消費するカロリーは限られたものです。高カロリーが続く食事が多くなる場合は、生活に運動を取り入れ消費カロリーを多くするようにしましょう。

ランニングやジョギングなどの適度な運動はテストステロンの分泌を促す効果もあるので、是非試してみて下さい。

塩分の多い食事は高血圧を招きます。味噌汁、干物、煮物、たらこやイクラ、塩鮭、漬物など意外と和食には塩分が多い献立があります。塩分の強いソースやマヨネーズ、醤油をいろいろ使うという方も量を減らす努力が必要です。

お酒を飲む方は特につまみとして味付けの濃いものを選ぶ傾向にあるので気を付けて下さい。ファーストフードやテイクアウトの総菜など塩分が強く作られているのでなるべく控えるようにしましょう。

EDに効く食品

EDに効く食品

EDを食生活から改善して上で、是非摂取して欲しいおススメの栄養素があります。それは「亜鉛」です。亜鉛は身体のさまざまな場所で必要とされる成分ですが、EDに関しては男性ホルモンであるテストステロン(遊離テストステロン)の生成に関わる栄養素です。亜鉛が不足(亜鉛欠乏症)すると男性ホルモンを分泌する精巣が委縮します。するとテストステロンの分泌量が減り、勃起が起きにくくなります。もともとテストステロンは加齢とともに分泌が低下するものなので、EDには亜鉛の摂取が効果的です。

亜鉛はさまざまな食品に含まれています。

・牡蠣
・牛赤身肉
・豚・鶏レバー
・鰻
・チーズ
・いわし(にぼし)
・抹茶
・ごま

体に必要な成分ではありますが、過剰に摂取してはいけません。銅や鉄分の吸収が阻害され、貧血症状や善玉コレステロールが減少します。成人男性は1日10mgが推奨されています。

必須アミノ酸の「アルギニン」も男性ホルモンの分泌量を増やし、精子を増加させる効果があります。その他、動脈硬化の改善の効果もあり勃起に必要な血流を増やすしてくれます。

・鰹節
・エビ
・豚のゼラチン
・鶏むね肉
・ピーナッツ
・高野豆腐

アルギニンの効果を発揮するには1日9g摂取するのが良いとされます。それ以上

摂取し過ぎてしまうと、消化器官にあまりいい影響がありませんのでご注意下さい。

亜鉛やアルギニンの含まれる食品は取り過ぎると、余分なカロリーや脂分を取る事にもなります。食事以外でさらに手軽に摂取する方法として、亜鉛やアルギニンの成分が配合されたサプリを活用すれば効率よく摂取する事ができます。

食事とともにサプリをうまく活用してEDを改善させましょう。

睡眠

睡眠

現代は睡眠負債という言葉が出てくるほど、質の高い充実した睡眠が取れていない人が多いようです。もちろん男性機能にも関わるもので、睡眠が不十分だと性欲や精力も減退しEDになりやすくなります。

睡眠は人が活動する上で非常に重要なものです。睡眠中は一日の疲れをとり、脳の活動や体内の機能を修復しています。さらに身体がリラックスした時に働く、副交感神経が活発になり、精神的バランスを調整しストレスを減少させる働きがあります。

成人男性で1日6時間~8時間が理想の睡眠時間と言われますが、重要なのは入眠する時間帯です。

疲れを取ったり、体調を改善させる成長ホルモンが分泌される時間帯は、夜10時から深夜2時がピークです。この時間帯に就寝する事が出来れば、体の様々な機能が修復され、もちろん男性機能も高まります。

入眠する30分以上前にはスマホを使わないようにする、入浴で体をリラックスさせる、体に合った枕や寝具にするなど、良い睡眠が出来る環境づくりも大切です。

それ以外の改善方法

それ以外の改善方法

ED治療薬や生活習慣の見直し以外にもEDの改善方法はあります。

・ICI治療

ICI注射とは陰茎海綿体注射と呼ばれるEDの治療法です。施術法は文字通り、陰茎に直接PGE1という血管作動薬を注射し勃起を促します。5分~10分程で勃起した状態になり、効果は2~3時間続きます。ED治療薬で効果が無かった方でも、7割~9割の方は勃起する事ができると言われています。陰茎にのみ作用するため、副作用は特にありませんが、注射ですので、施術時に痛みを伴います。

ちょっと聞いただけで痛そうな方法ですが、ED治療の最終手段ともいえます。

・ED1000

こちらもED治療薬が使えない方に効果のある治療方法です。専用の機器を使用した独特な治療で、試験をしたED患者の約8割の方に効果があったという結果があります。

この機器は陰茎に低強度の衝撃波を与え、そのショックで陰茎の海綿体に新しい毛細血管を誕生させ、血流の量を増やすという効果があります。「勃起不全衝撃波治療」と呼ばれています。

薬も使わない為副作用もなく、注射器も使わないので痛みもありません。